前頭部はごまかせる!けど・・・

30才を過ぎて・・

30才を過ぎた頃から前頭部が禿げてきました。いわゆる「ソリ込み」がドンドン深くなっていくような感じです。

父親も同じようなパターンで髪が薄くなっていったので、いよいよ自分にもその時期がやってきたと思ったのですが、幸い父親の時代とは違い、ヘアースタイルで大分ごまかせることを知りました。そのヘアースタイルとは「ソフトモヒカン」です。

モヒカンと聞くと、ちょっと抵抗感のある人もいるかも知れませんが、禿げてきた前頭部をごまかすには効果抜群なので検討の価値はあるかと。

で、なぜソフトモヒカンに禿げを隠す効果があるかというと、側面と後頭部を短く刈り込み地肌をうっすらと見えるようにすることで、うっすらしているのが前頭部だけでなくなるため、相対的に前頭部の禿げが目立たなくなるのです。実際に私が身をもって体験しているので、これは間違いありません。

あとはヘアスタイルを変えた直後の1週間程度、周囲から注目されるのに耐えるだけです。モヒカンと言っても「ソフトモヒカン」はいわゆるツンツン頭とほとんど差異がないので、「さっぱりしたね」などと言われるぐらいで1週間もすれば目に馴染んでしまいます。

得られるものの割には失うものが少ないごまかしかたと言えます。

ただ、前頭部をごまかすことに一生懸命になり過ぎた私は、ツムジのあたりが薄くなり始めていたことに気付かなかったという事件がありましたので、前頭部から禿げてきた方々にはツムジも同時に気にされることをお奨めいたします。育毛剤・発毛剤での丁寧なケアは育毛剤効き目を得る事ができます。

パンチャカルマオイルでM字回復

昔から絶対に禿そうだねとよく言われましたが、やはり30歳を過ぎた今徐々にき始めています。もともとおでこが広いのうえに、大分M字はげになってきているので、前髪を長めにしてセットする際にも後ろのほうから髪をもってくるような感じではげを隠しています。

いい加減そうしたことに気を遣うのが面倒なので、いっそのこと坊主や短髪にしようかとも思いますが、一度坊主にした際にはあまり似合わず、短髪にしてもおでこが目立ってしまうのなら今のままが一番なのかなぁとも思い、今のところは何とも言えません。

20代の後半に、よせばいいのに長髪にしていて、その頃はまだなんとか髪の毛もそれに耐えていたのか、それが祟ってか徐々にM字が進行してきてからは、M字ハゲが改善する育毛剤育毛ミストのM-1というものを使っています。朝と夜に剥げてきている部分にスプレーして、マッサージするというものですが、効果はあるのかないのか今のところわかりませんが、もう2年くらい愛用しています。
私の弟はM字ハゲでプランテルを使用しているのですが、劇的に症状が改善してうらやましいというかむかつきます。
M字ハゲ改善は難しいものとばかり思っていましたが実際に効果のある人も居るってことは励みにはなりますね!

あとは、前にアーユルベーダのパンチャカルマオイルをお風呂に入った時に使って、頭皮をマッサージしていましたが、面倒なので最近までしていませんでしたが、近頃また再開しています。なんでもシャンプーの仕方でそうしたはげが進行する度あいが変わってくるとのことでしたので。

前髪カットの仕方で誤魔化す

今36歳なのですが、まさにこの状態ですね。「髪が前頭部から薄くなっている人」という状態です。前髪を前に垂らしているので、前髪をあげないとわからないとは思っていたのですが、しかし会社の同僚にも「前の方ボリュームないな~」と、指摘されるぐらいにはなっています。まさに、前頭部から薄くなっている状態ですね。

ちなみに、頭頂部は写真を撮影してもらって、自分でも確認をしたのですが、おそらくまだ大丈夫です。私は身長が180cm以上ありますので、どちらかと言えば、頭頂部から薄くなっていってくれた方がいいですね。どうせ禿げてしまうのならば。

私自身の高身長もあって、頭頂部の方はたとえ薄くなっていったとしても、人目につき辛くはありますからね。しかし前頭部の方は、まあ誰の目にもついてしまうわけです。ですからただ今、禿げてきたことに周囲に気がつかれ始めて、結構ピンチというわけなのです。

ですから、最近おこなっている対策としては、前髪を短くカットですね。「禿げてきた?」的ないくつかの指摘を受ける前は、眉毛よりも長めは前髪だったのですが、今では眉毛より上にふぞろい気味でカットしてもらっています。

やっぱり前髪が長いと、毛先に力がないことがわかられてしまいますから。そしてボリュームがなくなってきていることも。もちろんシャンプーを育毛促進に変えたりと、今出来る最善のことはしています。